Month: 5月 2010

Niwa

Posted by – 2010/05/30

既存の大手ハウスメーカの建築に対して計画したもので、外壁のタイル模様から庭へとグリットの構成で落とし込んでいます。
家族構成は夫婦と子供2人、新興住宅地に位置する敷地です。
庭として考えているのは、塀や柵で囲うのではなく開く事が重要であり、そこから生まれるコミュニティなどがセキュリティに繋がる事を目指しています。現代のコミュニティの形態が大きく変化し、子供や人を地域で育てる文化は薄くなってきました、世の中が不安定で犯罪も増え壁や柵で覆おう事で安心感を求め、視線を遮る事で安全を確保しようとする心理的行動から現在の町の風景は生まれたのではないでしょうか?しかし、塀などで囲う事で死角を生み、視線を遮る事でトラブルに気が付かれない環境が生まれてしまっています。今回の案件でも、やはりクライアントは壁が無いことを理解しつつも不安な印象でした。
ここでは、塀や柵を設けないが、境界線を明確にする必要はあります。大概の人は、塀が無くとも明確に領域がしめさえれていると、それを犯さないものです。ですので、塀は創らずとも領域を示すため、平面構成を単純にしマテリアルも明確に分け、境界としてテストピースを横積みしました。試験積みのテストピースは本来試験終了後、産業廃棄物として処分されてしまうものです。しかしながら強度は十分であり、形状も均一の為非常に扱い易い素材だと思います。横積みする事で、平面的には線ですが、わずかなレベル差でも断面は円形にで構成され特徴的な表情を生んでくれます。土地に個性を与える事で住み手の思いが膨らみ、派手に主張する訳ではないけれど、それぞれの土地の個性が街を創っていけたら笑顔溢れる街になるのではとの思いで創りました。 クライアントから聞くと、子供が遊んでいると、近隣の子供が寄ってくるそうです。中には親が好まない子供もいますが、子供社会の中で成長するものであり、目に見える事で大事のときには親の手が届く事。
ある意味で物の作り方で暮らしが創る事が出来るこんな仕事はやめられませんね。

Y

Posted by – 2010/05/27

このプロジェクトは残念ながら実現しませんでしたが、提案としては面白い物になったと思います。
既存テナント物件に、新規ヘアサロンを計画したものです。リノベーションとして提案する上で、最小限に手数で最大限の効果を狙う得る事が重要だと考え提案したものです。
————————————————————————————–

若い美容師夫婦の為の新規店舗計画である。
徳島県阿南市に位置する計画地は、徳島市への主要幹線道路沿いにある。カーブの途中に建ち、隣地に建物が近接している為、
一方から見えにくいこと、既存建築物の面積が小さいこと、市街化調整区域にあり計画への制限が大きいこと等、商業建築として集客能力を付加させながらも、様々な問題をクリアしていかなければならない。
「壁を二枚配置する。」たったそれだけのこと。
コンバージョンにおいて既存建築の維持も重要であり、その上で大きな展開をする為には、シンプルな手法で劇的な効果を求められる。
ここでは、壁の効果に全てを委ねる事にした。
壁は視界を遮り、安心感を与えてくれる。
壁は空間の領域を示し、時に他の空間をも取り込んでしまう。
壁は象徴的な印象を与え、街に風景を作り出す。
そして何より、壁が方向を示し、自分の行動を意識させる。
単純な要素が豊かな空間を造ってくれる、そんな発見を私達はしていきたい。

————————————————————————————–

PAO

Posted by – 2010/05/27

この建物は、京都の銘木「北山杉」の復興を目指し行われた学生実施コンペ『Folly Design Competition』において第一回グランプリを受賞した作品である。
私達は、丸太自体の形状を壊さずに並列し、上部へ行くに連れて細くなり卵形を形成させ、包み込む形態を作る事で内部空間を生み出した。
そこで、座り、寝転び、歩き、つかまる、などの行為から人が学び知るきっかけを最大限つくり、端部丸太には年輪を表し生産者の思いを込めている。
ここでの「北山丸太」は、床であり、壁であり、天井であり、構造体でもある。そして装飾でもある。北山丸太の室内装飾としての歴史と共に、これからの「北山丸太」としての可能性を広げる事が出来ると信じている。

受賞:第一回Folly Design Competition グランプリ
第9回 日本木青連 木材活用コンクールエクステリア部門賞

アンテナブログ、ボチボチ再開します。

Posted by – 2010/05/27

皆さんご無沙汰しております。

何故かブログがとんでしまいこちらで再開いたします。

今後とも宜しくお願いいたします。

スタジオ アンテナ
535-0012
大阪市旭区千林2-1-9
tel:06-6923-9094
fax:020-4669-3269
mail:nemoto@studioantena.net